section_img

学長 上野 雄二

・中央職業能力開発問題作成委員
・和裁国家検定1級
・大分県和裁士会会長

担当クラス:プロ育成コース

ご挨拶

和裁は日本人が大切に守り伝えてきた伝統工芸であり、誇るべき日本の文化でもあります。
我が校で学ばれる生徒さんは長年の経験で培った親身な指導のもと確実に上達され、習得した「技術」は永久にあなたのものになります。
また和裁学校として初めて英会話を取り入れ、伝統を守り続けていくだけでなく、しっかり発信できる力も同時に育くんでいき、現代社会で耀ける和裁士を育てていきます。
ぜひあなたも我が校で学んでみませんか?

弊社の歩み

section_img

先代 上野 晃

-先代の熱き思いを受け継いで-

庚申和裁研究所は、初代上野晃によって1963年福岡県小倉市に上野和裁縫塾として開業しました。
初代上野晃の座右の銘は『一人でも多くの方に和裁という伝統技能を継承する』ことでした。
その信念は強く、小倉で学校を始めてから多くの生徒を育て、自身が60歳の時に第二の人生として、大分県別府市に移り住み庚申和裁研究所を開設しました。
大分県に移ってからも和裁士会を設立し、和裁という伝統技能の認知度向上に努めました。

又、それだけではなく県外にも目を向け技術指導に足を運びました。自身の技術向上にも努力を惜しむことなく勤め、紗無双仕立て(表にくけ目が出にくいお仕立て方法)を発案し、

昭和55年技能顕功賞(大分県知事表彰)
昭和59年卓越技能賞現代の名工(労働大臣表彰)
昭和62年叙勲、勲六等単光旭日章を昭和天皇より授与されました。

平成10年からは一般社団法人全国和裁着装団体連合会会長を2年間歴任し、和裁人生をかけて述べ1000名近くの和裁士を育成しました。
生前、学校名にも研究所とつけた様に“毎日が勉強”と言い、亡くなる数日前まで仕事場に立ち、『若い技術者から学ぶ事がまだまだある』と貪欲に技術向上と学びの姿勢を貫いた人生でした。

私たちの思い

庚申和裁研究所は上野晃の亡き後も、彼の信念を引き継ぎ、和裁の技術継承そして変わりゆく時代に対して変化しながら和裁発展と向上に精進していく所存です。

obi

和裁は日本人が大切に守り育ててきた伝統技能であり、誇るべき日本の文化でもあります。
素晴らしい紋様を一枚の優美な着物に仕立て上げる感激は和裁を学ぶものだけが味わえる喜びです。
また、和裁技術は安定した高収入も約束され、毎日の生活を有意義にそして優雅にかえるものでもあると言えるでしょう。
庚申和裁では親身な指導でどなたでも確実に上達され永久にあなたの役に立つ「技術」を習得することができます。
和裁は自宅でも出来る仕事なので、技術さえ身に付ければ、結婚、出産などの環境の変化にも柔軟に対応できます。
さあ、あなたも本格的な和裁の勉強を始めてみませんか?

プロ育成コース

和裁士キャリアをスタートさせる

日時:

月〜金 (土日祝休み)
09:00〜17:00

月謝:

10,000円
(4年間のコース)

充実した設備、上質な材料、経験豊富なスタッフに恵まれた環境の中4年間で一流の和裁士を目指す

着付けコース

忙しい中でも自分のペースで学べる

日時:

月or水 (要相談)
19:00〜20:30

月謝:

5,000円
(週1回/90分/月4回)

自分の着物を着こなせるように、他の方にも着付けられるようになる

お仕立てコース

和裁の知識と技術を身に付ける

日時:

水or金 (要相談)
10:00〜12:00

月謝:

5,000円
(週1回/120分/月4回)

着物をお直しするための基本的な知識、和裁を仕事にできるしっかりとした技術を習得

講師紹介

上野 初美

・職業訓練指導員資格
・一級技能検定
・一級着付け技能士

担当クラス:着付けコース、お仕立てコース、プロ育成コース

伝統を守りつつ日々変化していく着物に、柔軟に合わせながら和裁の技術や、着付けを学んで頂きます。長年にわたり培った経験を生かし、基礎からプロの和裁士になるまで、楽しく、時に厳しく一緒に勉強して行きましょう。

レザー エドワード

・英国ケンブリッジ大学認定英語講師資格

担当クラス:英会話レッスン

イギリスでは学習障がいを持つ子どもや成人の生徒さんと関わる仕事の経験を通して、多彩なコミュニケーション術を身につけました。基礎からビジネスフィールドまで幅広い分野で楽しく英会話を学んで頂きます。

レザー 美千代

担当:寮

イギリス滞在経験や小さい頃から身近に和裁があった事もあり、皆さんと生活する中で和裁の素晴らしさやイギリス滞在中の経験なども共有出来たらっと思っています。

会社概要

アクセス

お仕立てやお直しのお問合せもお気軽にどうぞ